FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世界の片隅に(3)

なぜ同じ映画を何回も観るのかな?
何回も観る価値あるのかな?

という自問自答を
している。

それはもうね、「深く理解したい」
という事に尽きるかな。

前提として「深く理解するに値する映画である」
ということが必要ですね。

この映画については、
その価値があると僕は感じた。

では次に、映画を深く理解して
それでどうなるの?という自問自答。

この映画の場合でいうと、もうね、
すずさんやその周り人たちの生き様を

心に焼き付けるということ。
僕の心の中に、すずさんたちの居場所を築くこと。

そういうことになるのかな。
そういうことになるでしょうね。

物語の力。
物語の力。

例えば、星の王子さまが心の中に
住んでいるのといないのとでは

生き方が決定的に変わってしまうでしょ?
特に長期的にみて。

つまり、何が大切なのか、という価値観が
決定的に変わるからなのですけども。

この世界の片隅にという映画を
観るのと観ないのとでは、

僕らのおばあさん、おじいさん世代の
人たちをどのように僕たちが見るのかという

その価値を決定的に変える可能性のある
すごい映画だと思うのですね。

僕たちは単独で存在するのではなく、
母、父。その母、父。その母、父。

と連綿と続いてきた営みの連なりの
その続きな訳ですから、

ルーツを知る。根を知る。というのが、
つまり孤独ではないこと、単独ではないこと。

自分は自分だけに閉じているのではなく、
過去から未来まで繋がっている中の存在ですからね。

うまく言えないけれど。
連続の中を生きていて孤独ではない。

だから、本当のところの、おばあさん、
おじいさんの事を知りたいのです。

この映画は、今までには無かったような形で
教えてくれる扉を開いてくれている映画だなと

そう思いますので、何度も観て
ちゃんと知りたいのです。



関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カテゴリ
プロフィール

Johnny

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内リンク
ブログ内検索
全ての記事

RSS
QRコード
QR
お問い合わせ・メッセージ
本ブログの著者にお問い合わせ、もしくは、メッセージなどがございましたら、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。