FC2ブログ

夏は来ぬ

昨日、童謡や唱歌を幾つか聴いていましたら
今の季節にぴったりの美しい歌と出会いました。



夏は来ぬ

とても有名な曲なのでしょうけれども
あまりきちんと聴いたことがありませんでした。

知らない言葉が幾つかあり、調べてみると
日本の文化や風景を表す美しい言葉たち。

あぁ。良いなぁ。
と好きになりました。
関連記事
スポンサーサイト

田んぼの音風景

今朝は田んぼの音風景を録音しました。
興味ある方は聴いてみてください。

田んぼの音風景♪ (5分25秒)

IMG_3617.jpg

蛙があちこちでゲロゲロ鳴いていて
小鳥もチュンチュン鳴いていますぜ。

電車の音も聞こえます。
鳥の羽ばたく音も聞こえるかな?

様々な生き物の営みと、人間の営みが共存している
こういう状態のことを「豊かである」と僕は呼びます。

こういう風景を見ると涙がでるのですが
それは、こういう状況が永続してほしいと願う反面

実は紙一重ぐらいのところで危機が迫っていて
失われてしまうのではないかな?

という不安も共存しているからなんです。
そう思うと胸が張り裂けそうになるのです。

改革とか、効率化とか、TPPとか、
いろいろな議論が起こっているわけですけども

本当に大切なものを壊すようなことは
しないでほしいと切に願っています。
関連記事

「こきりこ節」

不思議なご縁。

南米音楽のお祭り
三木山フォルクローレフェスタにて

日本の民謡「こきりこ節」を
初めて知ることとなった。

筑子ささら(こきりこささら)という
楽器にも初めて触れることとなった。

IMG_8617.jpg

帰宅後に、こきりこ節を、動画サイトで
聴いたり見たりしてみた。

やばいです。涙がとまらん。なぜ、涙が出てくるの?
この涙はどこからやってくるのでしょう?



まどのサンサは デデレコデン♪
はれのサンサも デデレコデン♪

このお囃子のところが
かなり、やばいです。

涙は心のずっと奥の方からやってくるはずなんですが
僕の心の奥底には、一体何があるのでしょうか?

よくわかりません。よくわかりませんが、
ここのところ、自分の中の美意識の変化を感じます。



この動画の様子も素晴らしいですね。
なんなんでしょうね。この感覚は。

歌詞を掲載。
こきりこ唄の歌詞」より。

一、筑子の竹は七寸五分じゃ 長いは袖のカナカイじゃ
一、踊りたか踊れ泣く子をいくせ ササラは窓の許にある
一、向の山を担ことすれば 荷縄が切れてかづかれん
一、向の山に啼く鵯は 啼いては下がり啼いては上がり
  朝草刈の目をばさます 朝草刈の目をさます
一、月見て歌ふ放下のコキリコ 竹の夜声の澄みわたる
一、万のササイ放下すれば月は照るなり霊祭
一、波の屋島を遁れ来て 薪樵るてふ深山辺に
  烏帽子、狩衣脱ぎ棄てて 今は越路の杣刀
一、娘十七八大唐の藁じゃ 打たねど腰がしなやかな
一、想いと恋と笹舟に乗せりゃ 想いは沈む恋は浮く
一、イロハの文字に心が解けて 此身をせこに任せつれ
一、かぞいろ知らで一人の処女が いつしかなして岩田帯
一、向いの山に光るもんにゃ何じゃ 星か蛍か黄金の虫か
  今来る嫁の松明ならば さしあげてもやしゃれやさ男
一、漆千杯朱千杯黄金の鶏一番
  朝日かがやき夕日さす三つ葉うつ木の樹の下に
一、色は匂へど散りぬるを 我世誰ぞ常ならむ
  憂ゐの奥山今日越えて 浅き夢みし酔ひもせず

------

上の動画は、9番目の「想いと恋と笹舟に乗せりゃ・・・♪」
まで歌って、また1番目に戻って終わっています。

歌詞の意味を想像して考えながら聴くと
また、味わい深いです。
関連記事

アルパカと小鳥のネックレス

先日海岸沿いの雑貨屋さんに立ち寄ったところ
偶然にもアルパカのネックレスが発見されました!

しかも、小鳥も一緒についておりまして、まさにこの、
ホポワのブログ(パソコン版)のデザインと

ぴったり、シンクロしているではないか!
と感動を覚え、使い道などの後先は考えず、即購入!

IMG_3314.jpg

アルパカちゃんを拡大してみますと
このようになります。じゃん。

IMG_5495.jpg

やや作りが粗めな感じのアルパカの表情なども
愛嬌があって逆に良いような気がします(笑)
関連記事

「築土構木の思想」と「土木チャンネル」にはまる

今、土木チャンネルが
とても面白いです。

ここ2週間ぐらい、暇さえあれば
Youtube で動画を再生して見ています。

昨今の日本ではバッシングされまくっていた
土木業界や建設お仕事なのですが、

本当のところ、土木とは何なのか?
どんな仕事をしていているのか。

これまで、どんな役割を担ってきたのか?
これからの日本にとって、どう大切なのか?

政治、経済、哲学、歴史、人間の営みなど、
様々な分野の領域を、縦横無尽に駆け巡りながら、

非常に明快な話の数々で、視界が開けて
見通しが明るくなりワクワクする内容です。


関連記事

川端康成の自然観に触れる

本屋さんでふと手に取った
川端康成を立ち読みしたら

IMG_8345.jpg

そこに引用されている歌と
それに対する川端の想いが

最近、僕が感じ始めつつある
自然の美への感覚とですね

すごくリンクしていて
とても心が震えました

次の言葉は、「名著を読む - 川端康成「美しい日本の私」を読む
から引用した表現なのですが、

『美しい日本の私』は、
川端の自然に対する思いを凝縮したものであり、

日本人の心情がいかに自然と一体になったものかを
深く考察している。

とありまして、本当にそうだなぁと、
感じたしだいであります。


関連記事

美しいものに目を向けていたい

僕は美しいものに目を向けて
生きていきたいと願っています。

しかし、この世には、美しいもの、素晴らしいこと、
良い面、ステキなことがたくさんある一方で

醜いもの、辛いこと、酷いこと、悲しいこと、
悪い面、つまらないものごとも、たくさんあります。

一人の人の中にも、美しい面もあれば、
そうではない面だってあります。

そんな中、美しいものだけに目を向けて生きるというのは
現実を直視していないのではないか!?

という疑念も生じてきますが、
それでも、僕は次のように考えます。

まずは、美しいものや素晴らしいものごとに
たくさん触れることが、大切であると。

IMG_2423.jpg

美しいものや心にたくさん触れることを通じて
「この世は生きるに値する素晴らしい世界だ」

という実感が
心の中に育つからです。

「世の中は素晴らしいんだ」と実感できれば
多少の問題とか辛さとか、理不尽さとかがあったとしても

それでも素晴らしいよ、この世界に生きることは!
と前向きに進むことだって可能です。

でも、この世の美しさ素晴らしさを実感せずに、
辛い面や悪い面ばかりを見ているとですね、

問題に直面したときに、自分を励ます支えがなくて
心が折れてしまうでしょう、きっと。

なので、美しいものごと、素晴らしいものごとを
積極的に見出していこうとする姿勢は大切だと考えています。

ちなみに僕が特に、何に対して
美しさを感じるのかといいますと、

自然と人間のたおやかな営みの継続性とか
多様な生命が豊かな自然の中で共生している姿に触れたときとか

人々が心の中に秘めて持っている、高潔な意思に
触れたり感じたりした瞬間とかです。
関連記事

10年日記ともだち

「今年から3年日記をつけはじめました」
「今年から5年日記をつけはじめました」

とおっしゃる方々が
何名かおられまして

10年日記に限らずとも
日記友達が増えて嬉しいです。

「あの方は10年日記をつけている」と思うだけで
少しだけ、その方に親近感を感じます。

ここ最近せわしない日々を過ごしていますが
10年日記は、書くことが少し遅れることはあっても

毎日書いていますよ。
こんな風に絵も添えて。

IMG_9960.jpg

(毎日こんなにたくさんの絵を描いているわけではありません)

10年日記、2年目になるので
去年のゴールデンウィークに

何をやってたかな?
なんてことがすぐにわかって楽しいです。
関連記事

夕日と田園

田植えの季節。
水の張られた水田。



好きな風景です。
関連記事

意東小学校 校歌

意東小学校 校歌

 篠原 実 作詞
 佐藤 寿 作曲

一、

京羅木山の 朝雲ぬいて
そびえる大山 紫におう
おおしく けだかく 伸びゆけ子等と
ああ あの山が
呼びかける 呼びかける


二、

意東の野末 さざなみゆれて
ひろがる中海 水面が光る
ゆたかに 明るく 育てよ子等と
ああ あの海が
まねいてる まねいてる


三、

一木一草 むかしを秘めて
栄える故郷 ゆくては広い
仲よく はたらけ 学べよ子等と
ああ この丘が
ささやくよ ささやくよ

---

メロディーを僕がアルトリコーダーで吹いた
録音はこちらです(Key, メロディーとも正確かどうか不明です)

意東小学校校歌(アルトリコーダー独奏)

---

僕の出身小学校の校歌です。
この校歌を歌いながら育ちました。

小学生のころは、なにげもなく
ただ歌っていた校歌なのですが

大人になるにつれて、歌詞に込められた意味や願いを
味わい深く噛みしめるようになりました。

この地の風土に育まれ培われているという
感謝の気持ちや愛おしさの気持ちとですね

子供たちが、健やかに育ってほしいという願いを
重ね合わせて、素朴に歌詞に折り込んである

とてもすてきな校歌だなぁと感じていますし、
愛情を受けて育ってきたんだなぁという暖かな気持ちになります。
関連記事
04 | 2014/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリ
プロフィール

Johnny

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内リンク
ブログ内検索
全ての記事

RSS
QRコード
QR
お問い合わせ・メッセージ
本ブログの著者にお問い合わせ、もしくは、メッセージなどがございましたら、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: