FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小分けで買えるのが嬉しい

お菓子があると、がまんできずに、食べてしまう
だから最初から、買わないでおこう

でもときに、ちょこっとだけ食べたいこともある
でも、チョコパイは6個入りだから・・・

6個の箱入りを買ってしまうと
絶対に1個ではがまんできなくなってしまう

1個ずつ別売りになっていれば
いいのに~!

そんなあなたとわたしに朗報
こんなのを見つけました

IMG_8438.jpg

チョコっと満足
たけのこの里プチパック!

お値段は約50円、エネルギー105Kカロリー
内容量は8個。おーっ、ぴったり。

本当に、チョコっと満足が
感じられる量ですわっ

1袋だけ買えば「もう少し食べたい・・・」と
悪魔のささやきにも抵抗できる。すばらしい。

ありがとう、たけのこの里プチパック!
ありがとう、株式会社明治!
関連記事
スポンサーサイト

感情は大切なものです

改めて書く必要も
無いかもしれませんがね

でも怒りとか恐れとか不安の感情が増してくると
感情を遮断せざるをえなくなることがあります

だって怒りや恐れや不安を
そのまま抱え続けたり

外に向かってやみくもに発散してたら
社会生活に支障をきたしますからね

感情をシャットアウトして無表情になって
ようやく何とか社会生活を営めるのです

周りからは無表情に見えるかもしれませんが
それは守るために内側で一生懸命に制御しているのです

でも感情を遮断すると、怒りや不安だけでなく
楽しさや嬉しさの感情もまた封印することになります

「それが大人です!」と言われても
「そんなことない!」と抵抗したい気持ちがあります

できれば感情を封印なんてしたくない
もっとはち切れるほど喜びを感じたい

この葛藤を「感情の表出と封印に関する葛藤」
と命名することにいしたました
関連記事

天気

朝起きて、部屋の窓を開けて
今日の空模様を眺める

そして日記に、晴れ、曇り、雨、雪
今日の天気の絵を描くわけであるが

たった4段階では表現しきれない
多彩なさまを見せる空なのです

曇りといっても、ぽっかり浮かぶ雲だったり
空一面をどんよりおおう雲だったりね

冷たい空気とか、心地よい空気とか
嫌な風が吹いていたり

時間の流れとともに
天気は一変することもあるし

そんな天気を、どうやって、日記の中の
小さな一コマの絵として描くか。

最近のささやかな
楽しみの一つである
関連記事

歯医者さんへ

1年3か月ぶりに歯医者さんへ
歯のチェックと掃除をしてもらうのが目的

口の中、血みどろになりながら
歯の掃除が完了

1年分の汚れたるやすごいものである
コーヒーの常習者なものですから

歯医者に通った直後は丁寧にしていた歯磨きも
時の流れとともにいい加減なものへと劣化していた

再確認も含めて看護婦の方が丁寧に
歯磨きの指導をしてくださる

それにしてもすごいことである
病気をしたときなんかに

「体の内側を全部洗って綺麗にしてほしいわ!」
と思うことは良くありますが

お口の中に関しては、歯医者さんでかなり綺麗に
してもらうことができる時代、本当にありがたいです

軽い虫歯も2か所ほど発見されました
早めの治療をいたしましょう

歯医者さんに行くと、なんと申しましょうか
謙虚な気持ちになります。どうしてなのでしょうね?


関連記事

年の瀬が近づくのを感じる

10年日記をつけはじめて1年目。
残り頁数が薄くなることで年の瀬の近づきを感じる。

IMG_5749.jpg

なんか訴えかけてくるんだよね~。日記が。
10年日記って、本当によくできてるなぁと思う。
関連記事

砂の美術館で影絵芝居とガムランコンサート

水灯路や清水寺でお世話になった
ハナジョスのローフィット先生たちが

ワヤンとガムランの演奏をされるということで
砂の美術館へ行ってきました。

IMG_6176.jpg

ガムラン演奏は、わずか6人とは思えない
歌と楽器の重なり、すばらしかった。

踊りは、ジャワの優雅な感じ
ビューティフル!

影絵は今回はローフィットさんではなくって
ナナンさんがされていました。

戦いのシーンとかユーモラスなシーンとか。
魅了されました!そして面白かったです。

------

そして砂の美術館では、砂で製作された
東南アジアの名所史跡などの砂像がすごかったです。

影絵芝居のダランの砂像もありました!
人形の繊細さがきちんと表現されていていました。

IMG_8430.jpg
関連記事

コード進行を、なんとか、覚える方法

曲のコード進行を覚えるのって、なかなか大変ですよね。
今、僕は、この曲「Decepcion(デセプション)」に苦戦中です。

IMG_7994.jpg

A、B、Cパートそれぞれ8小節を2回ずつ繰り返します。
A、B各パート最後の小節の「/」は1週目と2周目で違うコードという意味。

法則がありそうで、あまりないという感じで
とても覚えずらいです。

AパートとBパートの5小節目は、どちらもGmだなとか、
Bパートの最後はF→F7だから、Bパートの7小節目はFだなとか、

Bパートの1小節目~4小節目は、レ→ド→チ→ラと下がっていく
パターンだから、そに合わせてコードもひとつづつ下降するんだなとか。

強引に法則らしきものをでっちあげて、
無理矢理に覚えています。ほとんど歴史の語呂合わせみたいなものである。

ただし、コードを覚えるといっても、記号を頭で丸暗記するのではなく
楽器(チャランゴ)を弾きながら手と音で覚ていく感じです。

コード進行を覚えるステップは以下のとおりでしょうか!?

(1)コード譜を見ながら弾けるようになる
(2)コード譜を手元に置きつつも、基本的には見ずに、たまに「チラ見」しながら弾けるようになる。
(3)コード譜なしで、記憶を頼りに、たまに間違えつつも、弾けるようになる。
(4)コード譜なしで、少し考えながらなら、間違えずに弾けるようになる。
(5)意識もなにもせずとも、勝手に手が正しいコードへ向かって動く。

段階を追って(1)→(5)へ向かっていく。
(5)まで来れれば理想的でしょうねきっと。

歌やコーラスを一緒にやる必要があるときは、
ほぼ(5)までできてないと、うまくいきませんでしょう。

結局のところ、繰り返し繰り返し、弾きながら、
なんとかうまく覚えれないかと悪戦苦闘ししながら

とにかく体が覚えるまで、やる。
そんな感じでございます。地道な努力。

なにか、いい覚え方があったら教えてほしいです。
コード理論とか知ってたら覚えやすいのかな?



関連記事

一人じゃないなと感じることが、こういう会議の一番の意義でしょうか?

同じような状況や問題に直面している人は
世の中に、けっこうたくさんいる。

だって日本だけでも
1億人以上いるんだもん。

昨日のRubyカンファレンスを聞いていて
感じた、いちばんのこと。

僕は小規模の会社でシステムの開発や運用をしていたり
他の会社の開発現場で何が起きているのか知らなかったりで

仕事中に感じているいろいろなことが、自分だけの問題なのか?
それとも違うのか?相対的に把握するのが難しいのですが

会議の発表者の方々の、現場で起きている様々なことについての
発表を聞いていいると「あっそうそう!」と

自分がやってるなかで直面している課題っていうのは
他の会社の人たちもやっぱり同じように直面していて

で同じように解決していたり、ずっと先をいってたり
なるほどね、そうなんだねぇと、

なんか、一人じゃないんだなぁ、共通の課題なんだなぁと
そういう共感を得ることで、気持ちが楽になる。

きっとこういうのって、仕事の事だけじゃなくって、
人生において直面する様々な課題や問題について

同じことは言えるんだろうと思います。
実は悩んでるのは一人じゃないということ。

具体的な知識や技術を学ぶというだけじゃなくって
そういう精神的な支えの面でもカンファレンスの意義は大きなと感じた。
関連記事

Rubyカンファレンス2013を聞きに行く

今日と明日は松江のくにびきメッセにて
Ruby カンファレンス2013が開催されてます。



せっかくなので刺激的な話を
聴きに参加しております。



Rubyはプログラミング言語です。
私もシステム開発でたくさん使っています。

好きな言語でもありますし
既になくてはならない言語となっています。

この言語のメインの開発者が
松江在住というのもあって

松江では数年前からRubyで盛り上がっており
こうして国際的な会議も開かれています。

いまいち私はその波に乗っかれていませんが
しかしながら、たいへん嬉しいことです。

Rubyをイメージした特製の和菓子と
お抹茶が、おもてなし席で振舞われてました。



綺麗で可愛いい和菓子
美味しかったです。

珍しく実況的にブログに書きました。
これから午後も、聞きに行ます。
関連記事

「いっしょに子育て研究所」にて演奏

先週の日曜日は
アンデスの演奏をしました。

場所は「いっしょに子育て研究所
通称「こそけん」です。

IMG_7053.jpg

毎月第三日曜日は「こっころサンデー」で
いろいろなイベントをされています。

IMG_9382.jpg

入り口に書かれていた本日のご案内板。
文字の造形とか全体のレイアウトとか丁寧さとか見事ですね。

子供たちと、そのお父さん、お母さんたちに
決して子供向けというわけではないですが、

アンデスの演奏を聴いていただきました。
ありがとうございました。
関連記事
10 | 2013/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ
プロフィール

Johnny

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内リンク
ブログ内検索
全ての記事

RSS
QRコード
QR
お問い合わせ・メッセージ
本ブログの著者にお問い合わせ、もしくは、メッセージなどがございましたら、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。