FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気になったポトス

茶色くなってしばらくの間は元気が無かったポトスですが
若葉も生えてきて元気になってきて嬉しいかぎりです。

暖かくなってきて窓から明るい光も入ってきて
気候がよくなってきたからでしょうかね。

元気になったポトス

水の総入れ替えをやめて、水が減ったら継ぎ足ししていたら
水の色が怪しい緑色になってきました。

まあね、人間がきれいだと感じる水と
ポトスが望む水質は違うでしょうから

元気な様子を見る限り
この怪しい緑色を尊重することにします。
関連記事
スポンサーサイト

大人たちの合宿

楽器を持ち込んで
お酒を持ち込んで

北は北海道から
南は沖縄県の石垣まで

日本各地から三十数名が
三木山フォルクローレ音楽祭の前夜に集う

合宿のしおりの時間割には
「24時~ まくら投げ!」

去年はアブドラ氏が単独で合宿に参加し
よかったよ~♪ということで誘ってもらい

今回はカラコロ支部として
島根組3名・鳥取組3名の6名参加

子供の頃の修学旅行や青年の家や部活での
合宿の思い出は、楽しかったり、切なかったり。

合宿というのは特別な感情が沸き起こる
やはり何か、特別なもの。

参加者全員で「花は咲く」
明日の本番に向けて合奏の練習

チャランゴの弦楽器パート練習などという
普通ならあまり遭遇することのない状況に

ドキドキしながらもほぼ初対面の方々と
どんな風に演奏しましょうかねぇ?と打ち合わせたり。

温泉に入って汗を流して
ビールを飲んで乾杯して

いろんなグループの演奏を聴いて
自分たちの演奏もして夜がふけていって

そうそう、クアトロを弾かせてもらったり
歌ったり踊ったりで寝るのが惜しかったですけども
関連記事

いぼとり地蔵さん

変なところにできものができたので
散歩するときにちょっといたいです

あっそういえば近くに
いぼとり地蔵さんがおられたはず!

さっき散歩の途中にお参りして拝んできました
柄杓に水を汲んでかけ「いぼが取れますように」

いぼとり地蔵さんって
全国に1000箇所以上もあるそうです

それだけ多くの方がはるか昔から
今日にいたるまでお困りなのでしょうね

治りますように!
癒えますように!

---

おまけ ~ 散歩の情景 ~

道端の木をじっと眺めているおばあちゃん
石垣の上で太極拳をするおじちゃん

民家の門からばさっと飛び出てくるカラス
車のタイヤにおしっこかけながら僕を見つめる猫

這うように歩く犬を連れて歩いてるおっちゃん
腕を頭の上に組んで体操しながら歩くおねえさん

家の前の花木の手入れをするおかあさん
色とりどりの花びらを広げるパンジー

---

追記

その後できものは無事に引きました。
いぼとり地蔵さんの効果あったでしょうね。

さきほどありがとうございましたと
散歩がてらお参りにいきました。
関連記事

イーハトーヴ(さねよしいさ子と宮沢賢治)

いきなりですが私の好きなさねよしいさ子さんの
イーハトーヴという曲です



尾道の小道を散策していたら、尾道イーハトーヴというのを見つけて
あっ、イーハトーヴってさねよしいさ子の造語じゃないんだ

と知って調べていたら宮沢賢治とつながって
あ、イーハトーヴってけっこう有名なのね特に東北の方では

そうかさねよしいさ子さんって宮沢賢治の影響を受けていたのね
ということに気づく

星めぐりの歌も歌っているし
ジョバンニのミルクという曲も作ってるし

そう考えて改めてイーハトーヴの歌詞を聴いたり
kogarashiparadeさんの描いた上のYoutubeのアニメーションを見ると

そっかこの少年はジョパンニなのかも宮沢賢治なのかもと感じて
銀河鉄道のシーンも上のアニメーションには出てくるから

kogarashiparadeさんは作品世界をすべて知ってて絵を
描いてるんだと改めて感慨深く見ました

とりあえず僕としては銀河鉄道の夜
青空文庫で読んでみないことにはなるまいぞ

---

追記

銀河鉄道の夜を読みました。
とても面白かったです。

天の川を見たくなりました。
今年の夏は天の川を見てみたい。

こういう作品知るのと知らないのとでは
星空の見え方が全然違ってきますね
関連記事

ジョン・クレアリーの「Oh No No」が超かっこよくって聴き込んでます

ジョン・クレアリーというニューオリンズの
ファンキージャズピアノ弾きさんのトリオが松江に来る!

いえいえ、「松江に来る!」というよりも「松江に呼ぶ!」
という熱い方々がおられて、その影響を受けて聴いております。

そんな中で、かなり気に入ってしまって聴き込んでしまった曲が
「Oh No No」という曲です。マジカッコイイっす。

かっこよすぎて、聴いていて笑ってしまいます。
こういう感覚、共有したいぃ。 Youtube これです。



どこがかっこいいかというと
2分9秒ぐらいからのピアノ+パーカッションのところと
その後の Oh No No の歌。何人もが Oh No No って、食って歌ってる人と
ぴったりに歌っている人の重なりがなんかすごくないっすか?
そんでその後ろでピアノが駆け上がったりピチピチと弾いてるとこ。
きれいな水鏡の水面の上をピチピチと動き回る小鳥みたい。
超カッコイイ。あと緩めのシャウトが随所に入ってるとこもかっこいい。
そういうのが全部絡み合ってすごいことになってます。笑うしかない!
すばらしい。

もうすぐ松江に、ジョンクレアリーさんが来られて演奏されます。
楽しみです。情報はこちらからどうぞ。

Jon Cleary Trio Live 松江公演
関連記事

よくない時だって、そりゃぁ、ありますさ

たんぽぽがかわいくそよぐ
よい季節になりましたね~

IMG_9892.jpg

しかししかし私はあんまり
冴えない休日を過ごしております

部屋に閉じこもっていても
気持ちがふさぐだけなので

一畑薬師さんへ
お参りに行ってきました

病気や怪我や厄災や苦しみや
いろんな傷が少しずつ癒えますようにと

そのように願ってきました
思い返せば、ここのところ、いろんなことがありましたからね

IMG_1937.jpg

一畑薬師さんだけでは足りないかもしれないので
佐香神社にもお参りしましたよ

さらにさらに、お湯かけ地蔵さんと
六地蔵さんにも、願っておきました

なのできっと大丈夫だと思います
関連記事

将棋の思い出 その2

前の記事の続きです

日野音楽祭へカラコロアンデスで
演奏に参加しに行った、ある夏のこと

時間が少しあいたので、駅の待合室風の建物で
メンバーの何人かと、のんびりしていたとき

女性メインボーカルで、ダンスも踊れて
妖艶さがあって、エキゾチックな・・・そんなマッキーさんが

するするとハンドバックから小さな本を取り出して
読み出したのなんと・・・詰将棋の本!

えっ!!? 将棋?
詰め将棋? マッキーが?あのマッキーが?

最初は驚きました。だって絶対に将棋なんてやらなさそうだから。
とても意外だったのです。びっくりしました。

そんなきっかけで、マッキーとことあるごとに将棋を指すようになり
勝ったり負けたり、負けたり勝ったり。

いつからかマッキーの将棋の先生にもお会いして、
最初はどんな人か知らずに一局指して、こてんぱんにやられて!

そしたらその先生とは駒をいくら落としても、勝てない勝てない!
こんな強い人とは初めて指しましたわ!というぐらいの強さ。

駒の動きに全く無駄がないし、一手一手が鋭い鋭い!
将棋の強い人って、こんなにつよいんだ~と感じました

でもなんとか、その強い先生に
6枚落ちで何度か勝てるようになりました

出雲の将棋の大会のエキシビジョンとして
カラコロアンデスで演奏させてもらったときには

現役プロ棋士の方と、これまた6枚落ちの多面指で
将棋をする機会もあって、ずごい強さを感じたり

湯原温泉で行われた女流プロ棋士の対局にも連れて行ってもらったりして
間近で将棋の世界を垣間見ることができたりしましたし

そんな風にして少しずつ少しずつ
また将棋というものに近づいてきつつあります

松江で将棋を指す方々が、月に1回ぐらいずつ集まって
将棋をさすという会が、カラコロ工房でやっておられるとのこと

先日その「棋翔会」というものに入りまして
午後の昼下がりをたっぷり将棋を指してきました。

はい。こんな風にして僕の第二の将棋人生が
始まりつつあるところです。今後どうなっていくのでしょうね?
関連記事

将棋の思い出 その1

将棋をを覚えたのは小学生の頃
父親と将棋を指していた

ずっしりとしてテカテカにニスの塗ってあった将棋盤
それが父親の手作りだったと知ったのはずいぶん後のこと

僕はずっと将棋を指しつづけていたかったけど
親はそんなに暇じゃないから長くは相手してくれない

母親や妹やおばあちゃんは
本将棋は難しいからということで

本将棋ではなく、
はさみ将棋や、まわり将棋でよく遊んでいた

小学校の友達とも少し指していたような覚えがある
あんまり定かではないんだけれども

将棋の入門書は小学生のころに
買ってもらったんだと思う

歩は1点、飛車は10点みたいに
駒によって価値が違うことが点数で書いてあったと覚えている

高校の時は学校に将棋好きの友達がいた
学校の休み時間によく将棋を指していたけど

彼の方が僕よりも上手だったので
負けが込んでいたように思う

日曜日のお昼のNHK将棋の時間を見るのも好きだった
本屋さんでは将棋の本を買って読んでいた時期もあった

ファミコンとかの将棋ソフトはあったけれども
そのころのソフトは弱かったのであまり面白くなかった

そうこうしているうち、あるところで将棋の強さが頭打ちになってしまい
見込めないなぁと感じ出じたのか、他のことに興味が移り、将棋から離れていった


  ~~ 時は流れて十数年 ~~


今振り返れば、あの日が、僕が再び
将棋へと足を踏み入れるきっかけだったのかもしれない

そう、それは忘れもしない2010年6月27日(日)(嘘です。日記で日付を調べました)
それは鳥取県日野町で開催される日野音楽祭へ

カラコロ・アンデスの演奏に
行った日のことでした・・・

つづく。 続きの記事はこちらです。

関連記事
04 | 2013/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カテゴリ
プロフィール

Johnny

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内リンク
ブログ内検索
全ての記事

RSS
QRコード
QR
お問い合わせ・メッセージ
本ブログの著者にお問い合わせ、もしくは、メッセージなどがございましたら、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。