FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かえるの季節

季節はめぐってまたふたたび
カエル君たちの季節がやってきました

さっきまでの大雨だったのが止んで
コロコロ・ケロケロ・クルルルと

ないておるわ
グワーッグワーッ・クワックワッ

部屋の中から耳をすますだけではものたりないから
外に出て聴いてみることにするさ

玄関の扉を開いて外に出ると
さっきまでの何倍もの大きさの鳴き声

う~ん。これこれ。この感じ。
なんともいえぬこの味わい。

なんだろね~。
この季節特有の何かだね~。
関連記事
スポンサーサイト

ワライチョ!

ワライチョ(写真中央)を買いました。
チャランゴ(写真右側)よりもひと回り小さい楽器です。

IMG_6246.jpg

三倉岳のお店にチャランゴに混ざってさりげなく置いてあり
気になって気になって、1時間ぐらい弾いたり置いたり繰り返し

メンバーの人たちや草薙さんに相談したりして
少しずつ心が固まり、そして、お買い上げ~♪

そんなに高くなく、お手ごろ価格で譲っていただきました。
出品者の方から、手作りの和風チャランゴ袋も頂きました。

ワライチョは、チャランゴよりもさらに高音が出る楽器です。
チャランゴもだいぶん高音域の楽器だと思いますけれどもね。

ワライチョのチューニングには標準は無いようで、曲によって
チャランゴよりも全部を4度上とか5度上にするみたいです。

【チューニング例】
チャランゴ標準:EAECG(ミラミドソ)
ワライチョ4度:ADAFC(ラレラファド)
ワライチョ5度:BEBGD(シミシソレ)

とりあえず4度上にチューニングして弾いてみました。
かなり高い音で乾いた音で、チャラチャラしてます(笑)

チャランゴもチャラチャラしてるけど
ワライチョはもっとチャラチャラしてます。

ワライチョを弾いてからチャランゴを弾くと
妙にチャランゴが、大人びた存在に感じます。

うん、すてき。
袋も、すてき。

そうこうしてしばらくしたら1弦が自然に切れてしまいました。
大丈夫かな?ちょっと心配。だから上の写真には1弦がありません。

1弦だけ弦を張りなおして様子を見る。
これ以上、弦が切れないことを願います。
関連記事

三倉岳2日目(マチュピチュ・エン・ハポン)

青い空、白い雲、そびえる三倉
そう、これが三倉岳です!

IMG_6937.jpg

ステキな山でしょう?

フォルクローレをしていなかったら
きっと訪れるどころか知ることさえない山岳に

こうして毎年訪れることができるのは
毎年継続してイベントを続けておられる主催の方々のおかげ。感謝。

実は、舞台に上がって演奏をしている最中は
観客席の向こう側に、この三倉岳が一望できるのです。

こんな山を眺めながら演奏するというのは
なかなか他の地では経験できない貴重なことなのです。すばらしい。

今回も様々なグループが出演されていてみどころ満載でした。
何グループか取り上げて感想を書いてみたいと思います。

写真は、ロス・アンデスさん(岡山)の
マリポーサのワンシーンです。

前日の合宿からご一緒させていただき、明るく楽しい方々でした。
色々な面でお世話になりました。この場をおかりしてありがとうございます。

IMG_7623.jpg

■スフィーダ
初舞台でケーナ一人で「灰色の瞳」と「いのちの歌」、チャレンジ精神に感服です。

■イトちゃんズ
リナちゃんのチャランゴが今回は、イトちゃんズで聴く事ができました。よかった。

■フロール・デ・ラパス
本番演奏は自分たちの練習のため聴けませんでしたが、練習のときの演奏を少し聴いてわぁすてきと思いました。広島のSさんとは去年かおととしごろからのお知り合い。すてきなグループを作られていました。

■叶堂さん
今までは、カスティージョ・デ・アンデスでしたが、最近はデュオでの演奏を増やされるとのこと。
2人バージョンとと4人バージョンをうまく混ぜながら活動をされていくとのことで、グループ運営にも色々な形があるのだなぁと勉強になります。

■ロス・アンデス
上記のとおり。みなさん楽しんでおられました。

■MAYA
かっこよかったです。
草薙さん、バイオリンは弾かないと言っておられましたが
弾いてくださってました。
アルコイリスの少年(チャランゴ・バイオリン弾き)がライバルだそうです。

■ラ・シエスタ
福井~九州~四国~北海道~のグループ
前夜祭で一生懸命練習されていました。
それもそのはず、全国から集まったメンバーですから。
ふだんは合同練習できないですものね。
カゼイロとか、とてもステキな演奏でした。
Fさんは北海道から。急遽、グループへの参加とのことですが
フォルクローレという共通の土台があって一緒にすぐに演奏が
できるって素晴らしいことですね。

■コンフント・アンデス
おいら土偶のペッカリー」にはみんながやられてましたね!
珍しくHさんのボーカルと、歌詞の面白さと。

後で歌詞をよく聴いてみると「三千年後の君のように」
という歌詞が、地味にすばらしい!

今僕が、土偶のペッカリーを見つめて、にんまりと微笑んだように
3000年前に土偶のペッカリーを作ったあの人も、にんまり微笑んだよ!と

3000年前の製作者の気持ちをこうして僕は追体験できる。
そんなふうに土偶のペッカリーは語りかける。すばらしい。

■サマイ
思わず踊りたくなる音楽。
演奏のクオリティも高いし楽しいし。
マッキーとたじゃき氏も踊ってたね。
関連記事

三倉岳1日目(合宿)

新しい高速道路で、松本さんと快適ドライブ
大竹駅で、沖さん土居さんの鳥取組を予定どおりピックアップ

途中、プレイパーク蛇喰のカフェに立ち寄る
緑の中のカフェは、まるで軽井沢みたい!

(軽井沢へ行ったことはありませんがきっとこんな感じでしょう)

夕食前であるが、他の3人は、うどんを注文。
私は夕食にカレーが待ってるからコーヒーセット(ケーキ付き)で我慢!?

そしたら、こんなおいしそうなてんぷらうどんが。
ぷりぷりエビと山菜の天ぷら、超おいしそう。

IMG_4298.jpg

3人は、おいしい、おいしい
と食べている。

僕だけ、うどんを注文しなかったことに後悔しつつ
でもコーヒーもおいしかったよ。穴場発見。

来年はここでうどんをたべようねと心に誓いつつ
合宿の施設へ到着。

合宿の雰囲気とか段取りとかは全然知らなかったが
この合宿は放任主義的合宿みたい。仕切り屋さん不在。

自分達でルールを決めて自分達で動く!
という原始コミュニティー的な感じだ。

それでも、ふとんを敷いて寝場所の確保やカレーライスの夕食や、
練習や、宴会の準備が、なんとなく進んでいく。

僕は人に何かを薦めたりするのが苦手なたちなので
持参した隠岐誉を全員に振舞うことはできなかったが

近くに座られた何人かに、おちょこをお渡しして
振舞う事はできました。まあね、おもてなしとかが苦手なのです。

宴たけなわ。チャランゴ弾きの方々も各地から集まって来られているわけで
情報交換したり、一緒に演奏したり、聞いたり。

IMG_1042.jpg

いろんなチャランゴが集合しました。
なんだかんだで結局最後は3時30分ぐらいでした。

翌日の演奏は大丈夫だろうか?
という不安も、飲んでいたので気にする事なくおやすみなさい。
関連記事

三倉岳へ隠岐誉をもって合宿行ってくるさ~♪

明日は広島県の三倉岳でアンデスの演奏です。
三倉岳は地図でいうとこのあたり(Aという記号のとこ)でございます。

map-mikura.jpg

三倉岳は、山頂が三つ連なっていてかっこいい山です。
それはまるで、アンデスの空中都市マチュピチュ!

ということで、マチュピチュ・エン・ハポンという
フォルクローレのイベントが毎年開催されているのです。

カラコロ・アンデスでも毎年参加していますが
今年は初めて、僕と松本さんは、前日入りして合宿に参加します。Yeah!

鳥取組の沖さんと土居さんも途中で合流して
合宿に参加します。Yeah!

これは飲めるぞ!ということで密かに
日本酒と、ありったけのお猪口(おちょこ)をかき集めました。Yeah!

IMG_0726.jpg

うっしっし!これを持参して今夜は飲もう!
MAYAの皆さんも来られるし、広島・山口・岡山のグループも来られるし

北海道からも来られるし!
みんな隠岐誉を飲むべし!Yeah!

IMG_2814.jpg

ちょうど良い袋があったので、お酒とお猪口をつめました。
日本酒セット出来合がり。今夜が楽しみです。

準備中からテンション上がりまくりです。
では行ってきま~す♪
関連記事

たまごかけごはん牛肉のしぐれ煮のっけ盛り

たまごかけごはんを前に一句

白ごはん 醤油とといた なまたまご
香りと甘みの コラボレーション

たまごかけごはんおいしいですよね。
なまたまごの甘さと、醤油の風味や塩気が

あたたかいご飯とあいまって
食感もとろとろで最高でございます。

お財布にもやさしい
手間もほとんどかからないですし

最近の発見は、トッピング!
牛肉のしぐれ煮ののっけ盛り

IMG_3056.jpg

牛丼になまたまごというのはありますが
逆もまたよろし

たまごかけごはんに牛肉をのせると
旨みやコクがさらに増しまた

シンプルな料理だけに
醤油、たまご、ごはん、牛肉それぞれのバランスが決め手です

超旨~!
お試しあれ
関連記事

10色揃えて10年日記

今年の元旦からはじめた10年日記
今のところ順調に書き進んでいます

黒のボールペンからはじめて途中から
4色ボールペンに変え挿絵を入れだし

4色では飽き足らなくなってしまい
9色のゲルインクボールペンを揃えました

IMG_1666.jpg

一日一枚ずつ毎日、絵はがきを誰かに送る
という方もいらっしゃいますのでね、私も

後で読み返して楽しめる日記にするために
一日一膳ならぬ一日一絵を目指してみます
関連記事

ガムランの音階に調律したカリンバ、この組み合わせはすごいね!

八雲ガムラン音楽堂へ向かう道

山奥は空気も澄んで闇も深いから
空に浮かぶ星や月がますます明るく見える

四日月が空に浮かんできれい
上に見えるのは北極星かな

IMG_4631.jpg

冬が去り3月終わりごろからガムラン練習が再開しました。
私にとっては2年目です。今年は違う楽器にチャレンジしてみようと思う。

1年目は自分の音を出すのだけで精一杯だったけど
2年目は周りの音をもっとよく聴いて調和を味わいたい。

------

面白い楽器を弾いておられた。
カリンバに見えるけど、聴こえてくる音階はガムラン!

IMG_3257.jpg

なんと、アフリカの楽器カリンバを
ガムランの調律にして作られたとのこと。

ガムランの音階には大きく2種類があって
ペログ音階とスレンドロ音階です。

しかもガムランセットごとに少しずつ音階に違いがあるので
八雲音楽堂にあるガムランと、よそのガムランでは音階が違ったりします。

だから融通しあうことは出来ないというもので
西洋の音楽のようにどこでも楽器を持っていけばセッションできるという

そういう感覚とか文化とは違ったものなのでございます。
そういう違いを感じるところが、こういう音楽をやる魅力のひとつでもあります。

さて、カリンバは鍵盤(キー?)の長さで音程を調整できるし
手軽に製作できる楽器という特性を生かしてガムラン調律で作られていた。

何が素晴らしいかって、持ち運びが出来るという点。
ガムランの楽器は重厚で重たいので持ち運びがたいへん。

ちょっと自宅に持って帰って練習しよう!
なんて事がなかなか出来ませんものね。

でもこのカリンバでしたら、軽いし音も小さいから
曲の主旋律を確認するなどちょっとした音階を

自宅とかでちょっぴり練習したり確認するのに便利ですね。
アフリカとインドネシアの音楽の融合。すばらし!

音色の響きもガムランに溶け込むような雰囲気あって
とてもすばらし!
関連記事

松江イングリッシュガーデンは花づくし

日曜日は松江イングリッシュガーデンへ!
カラコロ・アンデスで演奏してきました。

ただいまイングリッシュガーデンは
「すいせん祭り」の期間中、花づくしです。

IMG_9135.jpg

すいせんの花が咲き誇っているのはもちろんですが
その他にも色々な催しが!

廊下には花の切り絵や、生け花の展示があったり
お花の鉢植えがきれいに並んでたり

そしてアンデス松本さんのお父さんの水彩画展
「松本伴四郎・花わらべとメルヘンの世界」

IMG_8575.jpg

春夏秋冬の様々な花を描いた60点もの絵画が
花の写真とともに展示されていました。すてき。

絵画展を見てから、演奏を聴きに来たという方々もおられました。
そして演奏の方はといいますとこちらも花づくし

IMG_1159.jpg

オカリナY's さん with まるちゃん。
花にまつわる曲を、オカリナできれいに吹いておられました。

オカリナ奥様とそのお姉さまがおそろいの手作り服装と
手編みの白い帽子でとてもすてきでした。

そして次は、まるちゃん。
まるちゃんも、お花にまつわる曲を弾き歌い!

IMG_8002.jpg

ハナミズキの歌に思わず
ぐっときていたお客様もおられましたね。

次にうちらカラコロ・アンデスで演奏。
そういえばうちらだけは、花となんも関係ない曲を演奏してましたな。

あでも最後には合同で「花祭り」をしましたね。
だから大丈夫ですね。うん、大丈夫。花づくしです。

演奏後はほっとひと息、抹茶をいただきくつろぐ。
今日も一日ありがとうございました。

IMG_7229.jpg

この日はこの日で、不思議な出会いといいますか再会といいますか
わざわざ遠くから聴きに来てくださった方々、思わぬ方々との再会や、

あの人が、こっちの人とつながっていて、この人とあの人がつながっていて
そして、ぐるりと一周して輪っかになっているという人のつながりの輪が不思議だったり・・・

たくさんの出会いがありました。楽しかったです。
聴きに来てくださった方々、本当にありがとうございました。

そして、このブログも意外な方々にも見てもらっているようで
嬉しい限りでございます。ありがとうございます。

IMG_1362.jpg
関連記事

早朝の月と朝ごはん

ここ数日は、かなり早い、朝型の生活をしています。
午前3時起床とか、午前4時起床とか。

早朝に窓から外を眺めると月がきれい。昨日も、今朝も。
写真ではうまく撮れないのが残念ですが・・・。

早朝の月

最近は仕事が少し忙しくて、早朝出勤をしています。
昼ごはんまで時間が長いので、朝たっぷりの朝食。

朝ごはん

・ごはん
・なまたまご
・きゅうり
・オリーブとバジルのウィンナーとじゃがいものコロコロソテー。
・ぎゅうにゅう

素朴な料理ですが
とってもおいしいのじゃ~♪

とりあえず今日で仕事の忙しさはひと段落の予定。
もうひとがんばりです。
関連記事
03 | 2013/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


カテゴリ
プロフィール

Johnny

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内リンク
ブログ内検索
全ての記事

RSS
QRコード
QR
お問い合わせ・メッセージ
本ブログの著者にお問い合わせ、もしくは、メッセージなどがございましたら、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。