FC2ブログ

KTTサンキューLive♪

日曜日はミュージックサロン、そしてKTTサンキューLive♪
朝から夜までカラコロつながりの楽しい音楽の時間でした。

KTTサンキューLiveは、KTTさん初の単独ライブ。
場所は松江、東本町にあるミュジックバー・ハートランド

初の単独ライブは「そよ風と私」から始まりました。
そしてバリトンサックス版の「ルパン3世」

IMG_5037.jpg

お店のムードと演奏がマッチしいて
とってもいい雰囲気です

そして「むちゃ振り」演奏企画が始まり、
メジさんやカールさんが演奏に加わる

一気に賑やかな雰囲気に!

IMG_8855.jpg

第一部の締めくくりの曲はアリエスの星!
プラバホールのようなミラーボールはありませんでしたが
大人な感じで締めくくられる!

邑南町からわざわざ応援に来られていたマニスケmaniaさん。
休憩時間に、かのんさんと、たえ子さんとの3ショット!

IMG_2169.jpg

第一部と第二部の間には、松本さんの楽しいトークと演奏。
3曲目に海援隊の贈る言葉。

松本さんのギターと歌に兄さんのベースがさりげなく入り
これまたいい雰囲気。長いお付き合いの感じがにじみ出てますね。

IMG_7818.jpg

そして二部最初の曲では、KTTさんに私とたじゃき氏が混じって
「マシュケナダ」の替え歌で「マシュケナダ~叔母に愛を」

記念すべき第一回の単独ライブでKTTさんの演奏に
加わらせてもらうことができ光栄でした。ありがとうございます。

そして「むちゃ振り」演奏企画の最後はうぇりさん。
ハイトーンでキューティーハニー!

IMG_3591.jpg

ラストの曲は情熱大陸。
鍵盤を弾くたえ子さんの繊細なタッチが見れて良かった。
さらにアンコールでピンボンのテーマ!
ドゥイドゥイとバイバイで締めくくられる。すばらしい。

IMG_5274.jpg

朝のミュージックサロンから、夜のKTTサンキューLive♪
この日は、カラコロエリアで長い間に少しずつ培われた

音楽仲間のみなさまの暖かなつながりというものを
あたらめて実感した一日となりました。

------

(おまけ1)観音もなか。高崎のお土産だそうです。
観音様をいただくのは少し心が痛むけれども。
気にせずに4個いただきました。食べすぎ?

IMG_9839.jpg

(おまけ2)みかんをきれいにむく
これでもまだ兄さんには負けているらしい

カールさんからダメ出しが出て、みかんのむき方講座を受講する。
でも僕は僕のむき方の方が好きなのだから変えないのである。

IMG_1763.jpg
関連記事
スポンサーサイト

将棋の女流名人位戦を見に湯原温泉へ

2013年2月3日(日)、将棋の先生とマッキーに誘われて
湯原温泉へ、将棋の女流名人位戦を見に行って来ました。

「出雲のイナズマ」こと里見香奈さんと
上田初美さんの女流名人位戦です。

将棋の大会に行くのは始めてのことでしたので
見るもの全てが新鮮でした。

大盤解説はテレビとかで見たことがありますが
生では初めて見ました。

対局後に行われる感想戦の場にも入らせていただき
生で感想戦の様子を見ることもできました。

子供の頃からNHKの将棋のテレビで見たことのある
プロ棋士の方などもおられて「お~っ」と思いました

------

空き時間に先生と六枚落ちで指しました。
六枚落ちとは、上手の人が飛・角・桂二枚・香二枚を落として対局する将棋です。

圧倒的な駒の差ですが、上手な方にはこれでも
なかなか勝つことができません

しかしなんと、熱戦の末・・・勝ちました。やった~嬉しい。
記念にに勝ったときの指了図を写真に撮りました。

六枚落ちの将棋で先生に勝った図

玉が上部に逃げようとしたのを、馬と金で押さえて勝った~♪
この写真を見るたびに嬉しい思いがこみ上げてきます(笑)

六枚落ちは卒業だね!との嬉しいお言葉をいただき
次は4枚落ちへと昇格で~す。

------

動物将棋もやりました。
動物将棋は、将棋と似ていますが

もっと盤の升目が少なくて、駒も少ない
こんな風な、かわいくてシンプルな将棋です

動物将棋の初期配置図

相手のライオンを捕まえるか
自分のライオンが相手の陣地へ入れば勝ちです

各駒には、赤い丸印で進める方向が描いてあるので
とっつきやすいと思います。

------

そしてそして、打ち上げお疲れ様会にも
参加させていただきました。

事前にマッキーから「チャランゴを持ってきて」
といわれていたのですが、なんと、なんと、

プロ棋士の方々の前で、マッキーと二人で
2曲ほど演奏することになりました!わードキドキ。

ビバフフィと、我が祖国ボリビアを演奏しました。
2人で演奏なんて始めてだしプロ棋士さんの前ですし!

終了後には、里見香奈さんと一緒に
写真も撮っていただきました

載せるのは少し恥ずかしいですが
記念ですので載せますね

女流名人の里見香奈さんと一緒に

そうそう、礼儀を重んじる将棋界ですからと
マッキーからスーツで来てね!とのことでスーツなのです。

ほんとうに、貴重な経験をさせていただき
ありがとうございました
関連記事

幸せは、名もない一日につまっている。



幸せは、
名もない一日につまっている。



テレビのCMでふと、
いいなぁと感じたコピーです。

日々のことや仕事のことで焦ったり
落ち着かない日々を過ごしている最近ですが

そんなときだからこそ
一歩一歩をきちんと積み重ねたいな。

そんな名もない日々の中に幸せの種があって
そんな名もない日々の中でふれあう

名もない人たちの中に
美しい心を日々感じています
関連記事

岐阜県での演奏に向けた練習

昨夜は、カラコロ・アンデスの練習でした。
3月16日(土)に岐阜県にて

演奏をすることになりましたので
それに向けての練習です。

昨夜の練習中のひとコマ
アブドラ松本さんです!じゃん。

ギターを2本携えるアブドラ

左手にふつうのギター、右手におっきいギター!
おっきいギターは、かなりの低音が鳴ってました!

こんなギターもあるのですね~。
色々と試行錯誤されておられました。

こうやって色々試すことから
新しく面白いことが生まれてくるのでしょうね。
関連記事

建国記念の日をお祝いいたします

今日は、
建国記念の日ですね。

日本の歴史を勉強するということは
すなわち

日本という国がどのように始まり
どのような経緯を辿り、そして今に至るか

その中で人々はどのように考え
どのように生きてきたのか

ということを
知ることであります。

建国記念の日というのも
様々な経緯を辿って、今は2月11日に祝われる日なのですが

その由来を紐解こうとすると2673年も昔までさかのぼるという
壮大なものになってしまいます。

日本書記や日本の神話に由来があり、明治初期の政府に関係があり
昨日も書きました暦法(旧暦と新暦の違い)にももちろん関わってきますし

戦後の様々な経緯を経て
今こうして祝うことができるということ

これは僕にとっては、今年初めて学んで知ったことでして
そうすることで、今日が単なる「お休みの日」から「祝日」として

自分の素直な気持ちとして
祝うことが出来る日となりました。

学んでいる中で生まれてくる
謎や疑問もあります。

そもそも国とは何だろう?
国の始まりとは何か?建国とは何か?

そして日本にかつて住んでた人たちは、自分たちを日本人だと意識して
生きていたのだろうか?意識していたとしたらいつ頃からだろうか?

など、いろいろな疑問が出てくるわけですが、
その疑問を手がかりとして、かつての人々の気持ちに迫りたい。
関連記事

旧暦 棚田ごよみ

おはようございます。
今日は旧暦の一月一日、お正月ですね。

今年は、明治六年以前の日本人の心を感じるために
旧暦のカレンダーを使ってみる事にしました

その名も「旧暦棚田ごよみ」
じゃん

旧暦 棚田ごよみ睦月

今日が記念すべき1月1日、最初の日です。
上に旧暦、下に新暦に対応する日付がついています。

旧暦 棚田ごよみ睦月 ズームイン


旧暦は太陰太陽暦のことで
月の満ち欠けを基準にしています。

今日は月の初め、一日なので新月ですね。
月の中ごろになると満月になり

また月末ごろになると新月へと戻っていく。
日付と月の満ち欠けが対応しているのです。

だから1ヶ月は必ず、29日か30日までです。
1ヶ月が28日とか、31日の月はないのです。

そうなると1年が約354日と短いので
それを補うため1年に13ヶ月の年が、たまにあったそうです!

今の暦とはだいぶん違いますね。
この事を知ったときは、ちょっと驚きでした。

------

そして「棚田ごよみ」ということですが
日本の主食のお米、それを育むのが田んぼ。

日本各地に残る美しい棚田が写真で
毎月のページに紹介されていまして嬉しいです。

関連記事

クイズ(1) 君死にたまふことなかれ

突然ですがクイズシリーズをはじめます。

------

【問題1】
与謝野晶子が「君死にたまふことなかれ」で
「死なないでください」とうたったのは、誰のことでしょう?

(1)両親
(2)弟
(3)弟の新妻
(4)天皇


正解を知りたいかたは、ご自分で調べてくださいね。

先週「おしん」の再放送を見ていて
中村雅俊が演ずる俊作兄ちゃんがこの詩を朗読するシーンを見て
衝撃を受けたので、いろいろと調べてみました。
その結果としてできあがったクイズがこれでございます。

人のことを「想う」ということがどういうことかを
感じさせてくれる素晴らしい詩だと思います
関連記事
01 | 2013/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


カテゴリ
プロフィール

Johnny

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内リンク
ブログ内検索
全ての記事

RSS
QRコード
QR
お問い合わせ・メッセージ
本ブログの著者にお問い合わせ、もしくは、メッセージなどがございましたら、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: