FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラコロ・サマーフェスタ2012 - カラコロ工房編

おとといは、カラコロ・サマーフェスタ
日差しギラギラ、暑い暑い
そんな中、昼の部のカラコロ工房、夜の部のカラコロ広場「熱い夏」でした!

まずはカラコロ工房

はじめにPARANOTESさん。
ドレミの歌の替え歌でカラコロ工房の歌♪
会場が一気に楽しい雰囲気に!すばらしい。
サウンド・オブ・ミュージックみたいね。
3曲目以降はたじゃき氏と僕も演奏に加わり「ティコティコ」「ブラジル」「ひまわり」
パラノ練習に2回参加しカラオケボックスで個人訓練も積んだ成果が出たかどうか!?
別のグループに加わっての練習・演奏は勉強にもなり楽しかった。
いい経験をさせてもらいました。感謝!

次にKTTさん。
いつもは鍵盤弾きのたえ子さんが、真っ白のエレキギターを弾いている。かっこいい。
選曲はジッタリン・ジンの「夏祭り!」おー、まさに夏祭り!胸が騒ぎますね!
「KTTショウタ~イム♪」
いいですね~いいですね~盛り上がります!
スーパーマリオでは今回はコインではなくって、しゃぼん玉。
かのんさんが会場を駆けめぐりラッパ型のしゃぼん玉発生装置を吹いて飛ばす。
風に乗って飛んでそして、はかなく消える。うたかたの夢。花火もシャボン玉も。
消えるまでのわずかな時間に命が宿る。それは音楽も同じかな?
夏ですね~。

次にカラコロ・アンデス
とっても汗をかいた。ひゃー。
KTTのみなさんが踊ってくれていたのがとにかく心強かった。ありがとうございます。
そうそう、岡山からKさん夫妻がわざわざ聴きに来てくださってびっくり。
とても嬉しかったです。最後にコンドルで演奏に加わっていただき一緒に演奏。
こういうふうに交流できるのは本当にすばらしいですね。ありがとうございます。

そして最後は合同演奏。「情熱大陸」「コーヒールンバ」「花祭り」をみんなでやりました。

演奏後はKTT兄さんの車に機材積み込み。今回も無事に機材がすべて車に収まる。
すばらしい。積み込みの藝術。
そしてお茶タイム。暑くて汗をたくさんかいたあとなので、飲み物がとってもおいしい。
おなかも減っていてパンも食べながらのくつろぎタイム。ふー、お疲れ様でした~。

------

カラコロ広場のことは明日書きます♪
関連記事
スポンサーサイト

ティコティコのリズム

昨日はカラコロ・サマーフェスタでした~!
そのことは明日書くとしまして、今日はティコティコ(tico tico)という曲のリズムについて書きます。

おとといの青葉台祭りと昨日のカラコロ・サマーフェスタの両方で演奏しましたが、ウッドブロックの叩き方を変えました。1小節を8拍に等分したときの2小節分の叩きかたを・・・

(1)青葉台祭りのとき

「・・○・・○・・○・・○・・○・」
「うんたんんたんんたんんたんんたん」


(2)カラコロ・サマーフェスタのとき

「・・○・○・・・○・・○・・○・」
「うんたんたんうんたんんたんんたん」


(「○」のときは叩いて「・」のときは叩かない)


最初はたじゃき氏の指示のもと(1)の叩き方で叩いていました。

その後、色々調べてみると、ティコティコ(tico tico)はラテンの曲とのこと。
そしてラテン音楽では「クラーベ」というリズムがリズムの鍵であること。

2‐3のソン・クラーベというリズムがあり、それは上記(2)の叩き方だとのことなので、そっちも試してみました。


叩いた印象としましては・・・どちらもいける!
あえて自分が感じた印象を書くとすれば、僕の好みは(1)

(1)の方が叩いていてより緊張感がある感じ。叩きがいがある感じ。
(2)の叩き方は、ちょっと単純すぎていて、叩いていてあきてくるなぁという感じ。

あくまで自分が叩いていて感じた主観です。
2つめの叩く位置が1つずれただけなのに、こんな風に印象が変わるのが不思議ですな!
聴く人から見ればまた違う印象かもしれませんが。


議論の分かれ目として、

(1)自分の主観を信じるのか(自分がどちかを音楽的に気持ち良いと感じるか・好みなのか)
(2)音楽の成り立ちや歴史を調べ学び、それに即した正解があるとして、その正解に従うのか?

があると思いまして、あれこれ考えていましたが、この数日の結論としては、どちらも大切にすればいいじゃないか!つまり「理論も学んで、自分の感覚も大切にすればいいじゃないか」という単純な結論に達しました。はい。
関連記事

お祭り!

昨夜は青葉台祭りへ行きました。
地元の方々がた~くさん。お祭りとっても賑わっていました。

青葉台祭りの様子

今回はPARANOTESのお二人の演奏に、たじゃき氏と僕が助っ人で加わりました。
僕は、シェーカー、ウッドブロック、チャフチャス、カスタネット、トライアングルで、5曲ほど演奏に加わりました。

PARANOTESさんの演奏がしっかりされとるので、僕は大船に乗ったつもりでリラックスできました(^^)
ご本人達は本番前にだいぶん緊張されていたみたいですけどね(笑)

音楽友達の方々やご家族の方々が応援にかけつけてくださって嬉しかったです♪
おなじみの音響の方たちとも会えたり、とってもいい夜でした。

演奏後はたじゃき家にて夕食をいただきながらの演奏お疲れ様会。
ささみ肉のバター風味フライや、トマトのオニオンのっけ盛りサラダなど、とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

青葉台のみなさま、聴きにきてくださったみなさま、パラノーツのみなさま、たじゃき家のみなさま、ありがとうございました。


------


そして今日は水郷祭。
カラコロエリアでは、カラコロ・サマーフェスタが盛大に行われますよ~!!

我らカラコロ・アンデス、そして上記のパラノーツさん、おなじみKTTさん。
そして「愛・夢・魂」のジロー今村が今年もパフォーマンスをされるということでとっても楽しみです。

演奏予定は次のとおりです。

(1)昼の部
時間 : 13時00~
場所 : カラコロ工房
出演 : KTT、パラノーツ、カラコロ・アンデス

(2)夜の部
18:00~:パラノーツ
19:20~:カラコロ・アンデス
ジロー今村 カラコロデビュー10周年ステージ!

みなさまお越しくださいませ~♪

-------

昨日ぱっと思いつて、今日の演奏ためにある曲のアレンジを色々と考えてみてました。
そのタブ譜がこちら。

君の影になりたいのTAB譜を作ってみた

書いてみたものの、練習ができてないので、いきなり本番に使うのはヤバそうですね。
もっと早く準備すればよかったのにね~。

旧バージョンに一部新バージョンを織り交ぜながらやってみようと思います。
ではでは~。
関連記事

宍道湖ウォーキングクラブ(弟2回報告)

昨夜は第二回の宍道湖ウォーキングクラブでした。
今回は宍道湖北岸を西に向かって珈琲館の手前あたりまで歩きました。

風が心地よかったです。
普段とは違う状況で、おしゃべりしながら歩くというのもいいものですね。

湖岸の遊歩道には、歩いている人・走っている人などたくさんおられます。
近くのホテルではビアガーデンの明るい光・賑やかな声が聞えます。

対岸では遠くで花火が上がっていました。どこかのお祭りかな?
ブルーシートで場所取りをしている人たちもたくさん。明日・あさっては水郷祭ですね。

ウォーキングを終えてからは車から楽器を持ち出し、宍道湖岸にて少し音合わせの練習。
そんなに大きな音は出ないので大丈夫なはず。
歩いてる方が立ち止まって話しかけてくださったり聴いてくださったり嬉しかったです。

足湯には若い女性の方たちがまったりと入っておられたので、ちょっと遠慮してしまい今回は入りませんでした(笑)

そんな感じの第二回でした。

------

第三回のお知らせ

第一回、第二回ともとてもいい感じでしたので続けたいなぁと思っています。
第三回の開催日は未定ですが、決まったらまたお知らせしますね。
関連記事

パーカッションがいっぱい!

昨夜はパラノーツさんの練習に途中から参加しました。
土曜日の青葉台祭りに向けての練習です。

今回はたくさんのパーカッションを担当しますよ~。

じゃ~ん!

パーカッションがいっぱい

たまにはチャランゴを置いて、こいういのをやるのも楽しいね~♪
関連記事

リズムを描いてみた

リズム・マスターになりたいわたくし・・・(笑)

昨夜はカラオケボックスにひきこもって、一人黙々とシェーカーの練習をしていました。

シェーカーのみならず他の楽器のパートがどう鳴っているのかも含めて描いてみた図がこちら。

リズムパターンの図

何の曲かわかりますか?ってこれだけでは分かりませんよね。
複雑そうなリズムですね~!
このリズムの上にトランペットが乗ります♪

土曜日の夜に演奏予定です。私は助っ人としてシェーカーなどを振ります。
バッチリ決めたいところですねっ!
演奏の情報はパラノーツさんのブログをごらんくださいませ~!

関連記事

乗り越えたいリズムの壁

何人かで集まって、いろんな曲を合奏する機会があります。
僕はそのとき、チャランゴかパーカッションを担当することが多いです。

そのときに立ちはだかるのがリズムの壁!

この曲はチャランゴだとどんな風にストロークすればいいのかな?
どんな風に刻めばかっこよくなるかな?

どんな風にすれば、雰囲気が出るかな?
どんな風にすれば、乗りがよくなるかのな?

考えてみても、やってみても、なかなかうまくいかない。
なんでだろうかな?どうすればいいのかな?

そこに超えるべき壁が立ちはだかっていることは分かってる。
でもまだその壁を乗り越えることができてないなぁと思う。

あきらめずに、地道に取り組み続けることは間違いないんだけどもね。
目の前に迫ったイベントたちをどう乗り越えようか考えると少しあせるな。
関連記事

チャランゴ 各部名称図

手書きで描いたチャランゴの図をスキャンしましたので再掲します。
本ブログでは今後、この図の用語に従ってチャランゴ記事を書くことにしますね♪

チャランゴ各部名称図(小)

クリックすると大きな図が表示されます。

----------------
解説を書いてみる
----------------
(2012年7月26日更新)

■チャランゴの構成
大きく分けて、ヘッド、ネック、ボディの3パートから構成されると考えることができます。


■ヘッド
ヘッドには弦の一端を固定するための糸巻き(ペグ)が弦の数と同じだけ(10個分)備わっています。チャランゴによってはヘッドに様々な装飾が施されているものもあります。調弦(チューニング)する際には、ヘッドの先端あたりにクリップ式チューナーをはさんで行うことがあります。ストラップ(肩ひも・吊りひも)を付ける場合その一端をヘッドに結び付けることがあります。


■ネック
ネックの表側は指板になっています。指板は平面で、フレットが埋め込まれており、上空には10本の弦が通っています。ネックの裏側はゆるやかな曲面になっており、ネックの断面は半月を薄くしたような形状になります。チャランゴを持つと、左手の親指と人差し指の又または手のひらがネックの下部(図でいうと右側)に接し、親指がネックの裏側からネックの上部(図の左側)あたりに位置してチャランゴの一端を支えることになります。


■ボディ(共鳴胴)
ボディの表側は、くびれのあるひょうたんの断面に似た形の平面です。大部分は表面板です。指板もネックからサウンドホールの手前まで続いています。10本の弦もネック側からブリッジまで続いています。ボディの裏側は、曲面のふくらみとなっています(別の形状のものもあります)。ボディの内部は空洞になっていて、弦の振動がこの共鳴胴の内部で共鳴してチャランゴの音が作られます。ボディの裏側を体に押し当て、 右腕を表面板のエッジ付近に押し当ててチャランゴをはさむことで、チャランゴを支えます。


■糸巻き(ペグ)
糸巻きは、弦の一端を固定させる役割があります。糸巻きを回すことで、弦の張力を変えることができ、調弦(チューニング)を行うことができます。


■ナット
ナットは、ヘッドとネックの間に位置しています。10個のスリット(切れ込み)が入っていて、それぞれのスリットに弦が1本ずつ通されます。各弦を適切な間隔に整列させたり、各弦を適切な高さに保つ役割があります。また弦の振動をチャランゴ本体へ伝える役割もあるとされています。サドルとともに、開放弦の場合の弦の振動の一端を支える役割があります。ただしチャランゴによっては「0フレット」が存在するタイプもあり、その場合は0フレットが同様の役割を果たします。


■弦
チャランゴには弦が10本あります。
弦の番号は、図の右から左の順に1弦~10弦と呼びます。
弦はナイロン製がもっとも一般的だと思いますが、他の素材の弦が使われることもあります。
弦のチューニングは、10弦から1弦の順にGGCCEEAAEEです。
僕は複弦をまとめて5コースから順に固定ド読みで「ソドミラミ」と覚えています。
複弦は3コースだけが1オクターブ違いで残りはユニゾンです。
弦はヘッド側からボディ側に向かって、まず糸巻きに固定されており、ナット、0フレットに接し(0フレットがもしあれば)、指板の上空を通り、サウンドホール、表面板の上空も通り、サドルで接し、ブリッジに固定されます。


■コース
チャランゴでは、弦を1本ずつ単独で押さえることはありません。
左手の指先で2本の弦の組を同時に押さえます。
その2本の弦の組をまとめて1つのコースと呼びます。
コースと弦の関係は以下の通りです。
1コース = 1弦と2弦
2コース = 3弦と4弦
3コース = 5弦と6弦
4コース = 7弦と8弦
5コース = 9弦と10弦
このようにチャランゴには5つのコースがあります。
ふつうチャランゴのコード表やTAB譜は、弦単位ではなくコース単位で表記してあります。


■指板
指板はネックからボディのサウンドホールまでの区間の板です。指板の上空に弦が通っています。指板にはフレットが埋め込まれていています。


■フレット
フレットは指板上にはめ込まれた金属の帯のことです。このチャランゴの図では18本のフレットが埋め込まれています。弦を指で押さることで弦がフレットに接します。弦の接した位置からからサドルまでが弦の振動する範囲となります。振動する弦の長さを変化させることで、弾いたときの音の高さを変化させることができます。押さえるフレット位置を一つずらすことで音の高さが半音ずつ変化します。ハイポジションのフレット(17フレット18フレット等)ではフレット長が短く、1コースのみまたは1コース~3コース程度をカバーする長さになっていることがあります。


■ポジションマーク
演奏時にフレット位置や押さえるべき位置を把握しやすくするために、指板上やネック部分に付けられた印のことです。


■表面板
チャランゴのボディの表面に張られた薄い板です。この表面板の振動がチャランゴの音色・響きに重要な役割を果たしているとのことです。表面板の裏側には力木(ちからぎ)と呼ばれるものが付けられており、強度を保つと同時に響きにも影響を与えているようです。


■ピックガード
チャランゴを弾く際に表面板を傷つけないよう、表面板を保護するため貼られている薄板のことです。チャランゴを装飾する役割も果たしています。


■サウンドホール
表面板に空けられた穴。円形のものもあれば蝶の形のものなどもあります。ボディ(共鳴胴)で響いた音を外へ放射させる役割があるとされています。


■サドル
サドルはブリッジに位置しています。10本の弦はすべてサドルに接しており、弦の振動の一端を決める役割を果たしています。また各弦を適切な高さに保つ役割があります。太さの違う弦を同じ高さにそろえるために、各弦の通り道の高さが調整されているものもあります。


■ブリッジ(駒)
ブリッジは表面版に固定されており、弦の一端を固定する役割を果たしています。各弦を通すための穴が10個空いていて、弦を通して結んで固定します。(違う機構のものもあるかもしれません)また弦の振動をチャランゴ本体へ伝える役割もあるとされています。


------

■その他の参考
下記のサイトでもチャランゴの各部名称の情報が記載されていますので合わせてどうぞ

チャランゴに関するよくある質問

チャランゴ各部の名称
関連記事

鳥取から帰りましたよ

2日目は沖さんの案内で鳥取観光へと繰り出しました。
まずはじめに、鳥取砂丘が一望できるという高台へ。

砂丘を背に踊るビューティー・ダンサー・マッキー。

砂丘を背に踊るマッキー

三脚の準備も万全
写真撮影に余念無いキャラコロ・キャメラメンズ。

砂丘のカメラマン

その後は 城原海岸 ~ 浦富海岸・島めぐり遊覧船 ~ 日本の滝百選・雨滝 ~ とうふ料理の店『あめだき』と巡り、たっぷりと鳥取を満喫しました~。

------

以上です~。なんともいい加減なレポートですみません。

いろんな方が僕より上手にレポートを書いてくださってるので、リンクはらせていだきます♪

カラコロ・アンデス 掲示板
松本さんによる初日のレポート。来年は2日目も一緒に巡れるとよいですね。

たじゃきの雑記 - 今年も行きました
すばらし~。毎回いい写真撮るね~。
雨滝では、本人が三脚に載せたカメラのセルフタイマーを押した後に、岩を駆け登ってギリギリの集合写真。さすがです!

月の音*風の匂い - フォルクローレ演奏@青い鳥コンサート
チャランゴ姫さんです。一緒に練習・演奏ができ嬉しかったです。

くねくねGENさんのブログ - カラコロアンデス♪
アイルランドのお祭りセントパトリックディでも以前、カラコロ・アンデスとつながりがあったことが発覚!不思議なご縁があるものですね~。ブログには、今回演奏したメンバー全員のサインが描かれたうちわの写真が載ってます。どれが誰だかわかりますか~?

------

そして、カラコロ・アンデスの鳥取支部に、支部長の沖さんに引き続き、副部長のrisaさんが任命されました!すばらし~。発展が期待されます。ホームページのほうもがんばって更新しとかないといけませんね~。近いうちに更新したいと思います♪
関連記事

鳥取へ来ましたよ

昨日は、鳥取青い鳥コンサートに参加しました。

まずはお昼ご飯でやる気を充てん。


鳥取の沖さん、そしてチャランゴ姫さんと合流して練習。



そして演奏。


夜は打ち上げ!


昨夜は鳥取に泊まり、今日はこれから、鳥取を巡りま~す。
関連記事
06 | 2012/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
プロフィール

Johnny

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内リンク
ブログ内検索
全ての記事

RSS
QRコード
QR
お問い合わせ・メッセージ
本ブログの著者にお問い合わせ、もしくは、メッセージなどがございましたら、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。