FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BalderramaのBombo譜

早朝から思い立ってソーサの
Balderramaのボンボを聴き取ってみた。



拡大

どう記せば良いかわからんので
自己流の記譜法です。

こんなことをする時間はけっこう好きです。
物事の詳細を分析するのは好きなのです。

ボンボのリズムかっこよいなぁ。しぶいなぁ。
かっこよく叩けたらよいなぁ。
スポンサーサイト

ウィークエンドサンシャインを聴いてます

先日ミニコンポでラジオを聴けるようにしたので
ウィークエンドサンシャインを聴こうと思いつつも

土曜の朝になると、すっかり忘れてしまっていて
2回分の放送を聞きのがしてしまっていましたが

今朝ようやく聴くことができています。
Radio now! 部屋の雰囲気が新鮮です。

今朝聴く音楽を自分で選ぶのではなく
誰かが選んだ音楽が流れてくるのもいいなぁ。

部屋でラジオが聴けるようにセットした

もっぱらCDやiPodの再生用として
利用しているミニコンポですが

なんと!ラジオも受信できることを知り(当たり前かもしませんが忘れてた)
手引書を調べつつセットしました。

IMG_6149.jpg

NHK-FMと、エフエム山陰の2局を
聴けるようになりました。やったー。

まずは、土曜の朝7時20分からのピーターバラカンさん
ウィークエンドサンシャイン(NHK-FM)を聴きたい。

歌うことが少しだけ上手になった気がする

ほんの少しだけです。
もともと、かなり下手なのです。

少しでも成長すること、そのことがとても嬉しい。
気のせいでなければいいのですが(笑)

上手な人が歌っている動画を何度も
繰り返し見ながら一緒に歌ってたからだと思います。

歌を楽しく歌えるようになりたい。できることなら音を外さずに。さらに言えば上手に。

そうすれば、きっと人生がもっと楽しくなるはず。
幸せ度が向上することは間違いないと思うのです。

例えばハーモニーとか、
例えばコーラスだとか。

鏡の前で歌えば楽しいことは楽しいが
音が外れること、はなはだしい。

鏡の前で両手をフリーハンドにして
両手と体全体を使って音程を維持するよう試みる

自分の顔の表情を確認しながら歌うと
少しは音程をコントロールしやすいようだ

はたから見たらきっと
へんな人だと思われるでしょうが

ちょっとそんな訓練を
続けてみようかなぁと思いました。

コード進行を、なんとか、覚える方法

曲のコード進行を覚えるのって、なかなか大変ですよね。
今、僕は、この曲「Decepcion(デセプション)」に苦戦中です。

IMG_7994.jpg

A、B、Cパートそれぞれ8小節を2回ずつ繰り返します。
A、B各パート最後の小節の「/」は1週目と2周目で違うコードという意味。

法則がありそうで、あまりないという感じで
とても覚えずらいです。

AパートとBパートの5小節目は、どちらもGmだなとか、
Bパートの最後はF→F7だから、Bパートの7小節目はFだなとか、

Bパートの1小節目~4小節目は、レ→ド→チ→ラと下がっていく
パターンだから、そに合わせてコードもひとつづつ下降するんだなとか。

強引に法則らしきものをでっちあげて、
無理矢理に覚えています。ほとんど歴史の語呂合わせみたいなものである。

ただし、コードを覚えるといっても、記号を頭で丸暗記するのではなく
楽器(チャランゴ)を弾きながら手と音で覚ていく感じです。

コード進行を覚えるステップは以下のとおりでしょうか!?

(1)コード譜を見ながら弾けるようになる
(2)コード譜を手元に置きつつも、基本的には見ずに、たまに「チラ見」しながら弾けるようになる。
(3)コード譜なしで、記憶を頼りに、たまに間違えつつも、弾けるようになる。
(4)コード譜なしで、少し考えながらなら、間違えずに弾けるようになる。
(5)意識もなにもせずとも、勝手に手が正しいコードへ向かって動く。

段階を追って(1)→(5)へ向かっていく。
(5)まで来れれば理想的でしょうねきっと。

歌やコーラスを一緒にやる必要があるときは、
ほぼ(5)までできてないと、うまくいきませんでしょう。

結局のところ、繰り返し繰り返し、弾きながら、
なんとかうまく覚えれないかと悪戦苦闘ししながら

とにかく体が覚えるまで、やる。
そんな感じでございます。地道な努力。

なにか、いい覚え方があったら教えてほしいです。
コード理論とか知ってたら覚えやすいのかな?



録音に聴き浸る

お風呂に入るときも
寝る前も、起きてすぐも

ご飯を食べてるときも
家事をしているときも

録音を聴きまくっています。
そして浸っています(笑)

昨日はカラコロ・アンデスの練習でした。
新曲の練習を録音した音源を聴きまくる。

おとといのガムランの演奏や練習の
録音したやつも聴きまくっている。

先週のニューオリンズ月間で
ハチャと倶楽部の合同練習の録音も。

チャランゴ研究会でみんなでやったウルバンバや
先生のギターに合わせて練習した曲も。

自分たちの録音を聴くのは好きである。
たとえミスがあっても、下手であっても。

キラリと光るところもあるし。
一緒にやっているときの情景が浮かぶし。

笑い声や、会話が入っていたりすると
それが楽しかったりするのです。

幸せな気分になって、トロトロな気持ちになって
抜け出せなくなります。やばいやばい。ほどほどに。

音楽が単なる趣味以上のものとなりつつある

音楽が単なる趣味以上の
ものとなりつつある。

それは情熱の注ぎ先であり
人とつながる架け橋であり

世界とつながる架け橋であり
時間を超えるための道具である

音楽を通じて世界を見たり
音楽を通じて人を感じたり

音楽は時間を越え地域を越える
人類にとって普遍的な存在である

一方で時間と地域をまたいで
本当に多様な様相を見せるものでもある。

そんな音楽の世界にどっぷりとつかり
様々なことを感じることができるのは幸せだ。

音楽は一種の大地。大平原。または土俵。
そこを舞台に、様々なことが繰り広げられる。

人生を形作るにおいて
音楽の果たしている役割は大きい。

そういう意味で
大切なものである。

音楽が心にしみこみやすい聴き方

(1)少し体を動かして汗をかく

(2)お風呂かシャワーで汗を流す

(3)エアコンの効いた部屋へ入る

(4)部屋を薄暗くする

(5)音楽をかけ、横になり、目を閉じる

(6)火照った体を冷やしながら、疲れた体をいやしながら、音楽に耳を傾ける


このようにして音楽を聴くと
とても心にしみこんでくることに気づきました。

なぜだかとても音に集中できるのです。
一音一音が心地よく脳の中で響くのです。

そして同時に疲れが癒えていくのです。
最近のかなりお気に入りの聴き方です。

自宅で音楽を聴く環境を少しグレードアップしました

大きなモノは、なるべく所有せずに
できるだけ身軽にしていたい性分の私なのですが

今朝はちょっぴり大きな買い物をしてしまいました。
CDコンポです。じゃん。(まあねそんなに大きくはありませんが)

コンポを買った!

今までは自宅に音響セットみたいなのは置いていなくて
ポータブルのスピーカー(写真手前の黒いやつ)と

あとはパソコンのスピーカーとヘッドフォンで済ませていました。
専用のCDプレーヤーすら持っていなかったのです!

でもね~。やっぱりね~。
ある程度いい音で聴きたいのでね~。

なのでCDコンポを買いました。
私はiPod派なのでiPodが差せるドックがも付いてて嬉しいわ!

コンポのスピーカーから流れてくる Bill Evans Trio の
ピアノとベースとドラムの音色に気持ちがとろけそうです♪
10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
プロフィール

Johnny

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内リンク
ブログ内検索
全ての記事

RSS
QRコード
QR
お問い合わせ・メッセージ
本ブログの著者にお問い合わせ、もしくは、メッセージなどがございましたら、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。