FC2ブログ

第二十二回庭火祭 国際民族音楽祭 in 八雲

今年も庭火祭の時期がやってまいりました。
今年はバリ舞踊と、日本の能が出会います。

パンフレットが届きましたので、このブログにも掲載します。
以下はパンフレットの内容の写しです。

------

「かがり火とバリ舞踊劇チャロナランの夕べ」

~観世流能楽師 津村禮次郎共演~

IMG_9311.jpg

【日時】 2014年9月6日(土) 午後7時00分 開演 (雨天決行)
【場所】 熊野大社境内
【入場料】 無料 (会場で寄付を受付) ※演奏中の写真・ビデオ撮影はご遠慮ください。
【出演】 津村禮次郎 ニ・ワヤン・セカリアニ ウロツテノヤ子 熊野大社伶人

【プログラム】
1.庭火祭祭事 熊野大社八雲楽・・・・熊野大社伶人
2.庭火の笛 スリン・・・・・・・・・・・・・・古谷野哲郎
3.能 即興舞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・津村禮次郎
4.仮面舞踊・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古谷野哲郎
5.「チャロナラン」より「ラルン」の舞・・・ニ・ワヤン・セカリアニ
6.「モリガミ~Calonarang~森の大いなる力の物語」・・・津村禮次郎 ニ・ワヤン・セカリアニ ウロツテノヤ子

【ごあんない】
今回の庭火祭は「バリ芸能と能の邂逅」がテーマです。
重要無形文化財保持者の津村禮次郎師を特別ゲストに迎えて、バリの儀式舞踊劇チャロナランの日本語スペシャルバージョン「モリガミ~Calonarang~森の大いなる力の物語」を上演いたします。
境内に揺らめき、燃えさかるかがり火は浄夜を演出し、チャロナランの呪術劇にふさわしい独特のサウンドスペースがさらに夢幻能へと転ずるという庭火祭ならではの舞台を心ゆくまでお楽しみください。

------

僕は最近「能」に興味を持ち始めました。
能ってなんだろう?と知りたい気持ちです。

でも能に興味をもつに至った経路には
インドネシアのガムランが介在しています。

数年前にガムランというものに出会い
魅力に取りつかれて始めました。

ガムランは音楽のみでの演奏だけでなく
ワヤン(人形劇)や、踊りとともに演奏されることもあります。

一方で、日本古来の文化にも興味を持ち始め
日本の神楽などを観ているうちに

インドネシアの芸能と日本の芸能に
共通点があるように思えてきました。

人形を操る文楽、様々な舞いが演じられる神楽、
面を付けて舞う能などを見ると

インドネシアの影絵や、舞踊や、仮面踊りなどと
何かしら共通なものが感じられるのです。

まだ明快にその共通点を理解しておらず、
言葉にもできないのですけれどもね。

今回の庭火祭りは
「バリ芸能と能の邂逅」がテーマとのこと。

邂逅(かいこう)とは
「思いがけず出会うこと」「偶然の出会い」のこと。

僕にとってもインドネシアと日本の共通点を感じたのは
思いがけなかったことでして

今回の庭火祭において、
その共通点を感じることができたらいいなぁと楽しみにしています。

庭火祭の反省会から得た収穫

昨年の庭火祭の反省会と
今年の庭火祭の検討会が、先日開かれ参加した。

私が多少とも庭火祭に関わりだしたのは、おととしからのこと。
20年以上続く庭火祭において、僕は新参者である。

IMG_1788.jpg

そうであるため、会話の中で頻繁に飛び交う固有名詞が
僕にだけ、わからない、とういうことが発生する。

仕方がないので、メモをとっておき、
後でネットで調べるわけである。

今回も僕の知らない方のお名前が飛び交う。
「ナカガワ」さん?いったい誰でしょう?

調べたら出てきました。
ホームページがありました。

読んでいたら、民族音楽、特にインドの音楽について
詳しい方で、庭火祭との関わりも深いことがわかる。

このサイトの音楽についてのエッセイを
少しずつ読み進めているが、これがとても面白い。

HIROS' WEB 音楽に関するよれよれエッセイ

ひとつのエッセイを読み終えると、
なんとその文章は、庭火祭のプログラム原稿だった!

というような
どんでん返しの驚きもあったり、

八雲の地での庭火祭や、ガムランサークルとの
つながりが感じられるエッセイもあったり、

その他にも、民族音楽をめぐる
様々な考察が述べられている。

こういう形で、思いがけず、すてきな文章に
巡り合えるということは、とても嬉しい。

雨の中の庭火祭

午前中は宿舎にて、アミット・ロイ先生による
シタールなどのインド音楽のレクチャーを聴講する。

IMG_5387.jpg

僕が感銘を受けたこと
それは・・・

アミット先生は、その師匠と一緒に暮らしながら
シタールを習ったとのこと。

朝5時ぐらいから師匠と一緒の散歩が日課であり
散歩で触れる自然の景色とか、受ける風の感じなどから

この赤い太陽の感じはあのラーガのあの感じ、
この吹く風の感じがあのラーガの感じなのですよ。

というように、自然から受けた感覚と、演奏する音楽が
ちゃんと対応しているというようなことをおっしゃっておられました。

自然を美しいと感じる感覚とか
尊敬し畏敬する気持ちとかが

インド音楽の根底にあるのだとして
そういう気持ちをもって聴くと理解しやすいのかもしれないと思いました。

IMG_5123.jpg

アミット先生のCDを2枚購入。
もうすでに両方のCDを聴きましたけど、とても良いです。

------

さて、庭火祭の方は、残念ながら雨模様。
雨天でも決行ですので、着々と準備が進められる。

会場は熊野大社の境内です。
客席用の雨しのぎのテントなどが張られ

IMG_8833.jpg

かがり火がたかれて
雨天の中、庭火祭が始まりました。

バンスリーの音色、シタールの音色、
タブラの音色、タンブーラの音色。

雨の音と演奏の音が混じりつつも
次第に演奏に引き込まれていきまして

シタールの音の波と自分の気持ちが
同調してとても気持ちのよい感覚になりました。

インド音楽・小学校訪問

庭火祭の前日は出演者の方々が
市内の小学校を2校訪問され

インド音楽のレクチャーと演奏をされました。
私は運転手兼お手伝いで参加しました。

IMG_4457.jpg

全校生徒が体育館に集合され
インド音楽の勉強!

シタール・タブラ・タンブーラ・バンスリーなど
見たことのない楽器とその演奏に興味津々の様子でした。

IMG_8729.jpg

もう一つの小学校では音楽室にて
6年生だけが集まっての音楽の授業。

IMG_9862.jpg


みんな前のめりでインドの音楽を
聴いて感じていました。

八雲のお母さんたちの手作りおもてなしお料理

松江市八雲町の熊野大社で行われる庭火祭。
いよいよ今週末となりました。

出演者の方々が、インドや日本各地から
昨日、八雲の地に到着され、歓迎会♪

地元のお母様がた3名が
手料理を振舞われたのがとてもすばらしかったので

今日はそのことを
書き留めることにします。

------

まずはじめに、
お皿はなんと、さといもの葉っぱ!

IMG_6902.jpg

とても大きい葉っぱですね。
畑に立ち茂る里芋の風景が思い出されます。

リンゴの芸術も鮮やかですね。
動物に見えるかも。アルマジロの後ろ姿?

------

IMG_1557.jpg

この豆腐は、荏胡麻(えごま)の豆腐だそうです。
荏胡麻を苗から育てるところからの手作りです。すごいですね。

荏胡麻は油を取るのが主だそうですが
余ったものをこうして豆腐につかったりするそうです。

豆腐が乗っかってる葉っぱは、荏胡麻の葉っぱ。
乗っかってるのはわさびだそうです。おいしかった。

------

IMG_4657.jpg

おまんじゅう。
緑とオレンジが鮮やかですね。

両方の色とも、同じ野菜からできていますが
何でできているかわかりますか?

正解は、ピーマン。
オレンジなのは、熟して変色したピーマンを使ったそうです。おーっ!

------

IMG_7011.jpg

その他にも地元で採れた野菜をふんだんに使った天ぷら。
ピーマンの丸ごと天ぷらも! 抹茶塩をつけ、おいしくいただきました。

------

IMG_3046.jpg

そしてこれはなんだかわかりますか?
なんと、猫が大好きといわれている「マタタビ」

庭に生えているのを採取したそうです。
ゆず味噌をつけていただく。ピリピリッとした味わい!

場にいるほとんどの方が
初めての「マタタビ」体験に、感想もいろいろ(笑)

------

そのほかにも、地元でとれたイノシシを
ブロック肉にして角煮にしたものや

スライス肉にして冷しゃぶでいたいたり
臭みがなく調理なれされていてとてもおいしかったです。

そして写真にはありませんが、
今年は素晴らしい「しいたけ」が採れたと

とっても肉厚で、味がよくしみ込んだ
素晴らしい「しいたけ」に、絶賛の嵐でした。

そのほかにも、人参やカボチャや
こんにゃくの煮しめ。絶品!

-------

このような素晴らしい料理を30名分ぐらい用意されていました。
たいへんなことと思います。

この期間中の庭火祭りを料理面から支えておられる
お母様方達に感謝の気持ちと尊敬の念を込めつつこうして報告いたします。

------

追記

翌々朝、庭火祭当日の朝にアグリパークへ行ったところ
ジョニーさんへ!と朝食を残しておいてくださっていました。

もう朝食は食べてたけども
心遣いがうれしくて、いただきました。

IMG_3035.jpg

ブルーベリーのゼリー、糸瓜
茄子の豆板醤のせ、卵とじのお味噌汁など

飾り付けもきれいに施され
箸置きもこだわりがありました。

大変おいしかったです。
おいしい料理と優しい心に触れて元気いっぱいです。

第21回庭火祭「かがり火とインド音楽の夕べ」

熊野大社にて毎年
この季節に行われている「庭火祭」

「国際民族音楽祭 in 八雲」
と銘打たれている通り

世界各国の伝統芸能・音楽が
毎年、八雲の地で行われています。

私は一昨年、初めて聴きに行き
昨年からボランティアスタッフとして関わっています。

今年は9月7日(土)午後7時から
熊野大社境内にて開催されます。

今年は、インド音楽です。
シタール、タブラ、バーンスリーなどの

演奏が予定されており
とても楽しみです。

第21回庭火祭「かがり火とインド音楽の夕べ」

[プログラム]

1. 庭火祭祭事
2. 庭火の笛
   バーンスリー(インドの笛)・・・寺原太郎
   タブラ(太鼓)伴奏・・・クル・ブーシャン・パールガヴァ
3.シタール演奏
   シタール(インドの弦楽器)・・・アミット・ロイ
   タブラ伴奏・・・クル・ブーシャン・パールガヴァ

[日時] 9月7日(土)午後7時から
[場所] 熊野大社境内 入場料 無料(会場で寄付を受付)

※演奏中の写真・ビデオ撮影はご遠慮ください。

------

神社の境内にて、かがり火の厳かな雰囲気の中
世界の一流の民族音楽が聴けるというのは、

なかなかない貴重な機会だと思いますので、
ご都合のつく方は是非ともお越しくださいませ!

国際民族音楽祭in八雲 庭火祭 公式サイト

2012庭火祭 ~かがり火とスリンピの夕べ~ の写真など

今年の庭火祭に関して何か新しい記事が無いかと探していましたら、
今回の庭火祭でも踊られたジャワ舞踊の会・冨岡さんのブログに、
写真が時間経過を追って丁寧に掲載されていましたので読みました。
今後また振り返るためにも、リンクを貼らせてもらおうと思います。

水牛「庭火祭 こぼれ書き」
庭火祭写真 公演
庭火祭写真 学校鑑賞会
庭火祭写真 熊野大社
庭火祭写真 インドネシアにて
9/9 庭火祭のスリンピ公演記事、新聞に掲載
9/5 千島日報(イネ語)に庭火祭情報掲載
9/5-10 庭火祭 渡航日程
お知らせ 9/8 スリンピ公演 in 松江
2012庭火祭(カテゴリ)

庭火祭イベントの裏で ~ 食べ物に関すること

今年の春からガムラングループに所属させていただいている関係で
今年の庭火祭は裏方の立場から見ることができました。

例えば食事。

インドネシアから十数人の方々が来られて数日間にわたり八雲に滞在されたので
お食事を提供するためのボランティアのスタッフの方々がキッチンでがんばっておられました!

歓迎会のお食事やボランティア・スタッフの方々の食事まで。
たぶん3日間~4日間にわたり朝・昼・夜と毎回30食分ぐらい作られていたのではないでしょうか。

料理スタッフの方々が作ってくださったおいしい料理たち

この写真は、ある日の食事の一部です。毎日、色々な料理が食卓に並んでいて
すごいなぁと思いました。もっと写真をたくさん撮っておけばよかったかな。

それだけではありません!
すべての料理たち・・・実は豚肉を使わないで作っておられました。

なんでもインドネシアはヒンズー教徒やイスラム教徒の方々がおられまして
イスラム教徒の方々は豚肉はもとより豚肉由来の食品もタブーとして禁止されているそうです。

日本の食品の原材料表示などを見てみると、豚肉由来の原料が意外と多くありまして
例えば旨み成分とかに豚肉のエキスが使われていたり。

そういうところもだいぶん気を使われて料理を作られていたようです。
いや~頭が下がる思いですね~。こういう方々にも支えられて庭火祭は成立しています。

------

さて、そんな日々の中、インドネシアの方々とお話をしていたら、
インドネシアから持参のインスタント・ラーメンをいただきました。

Mie Sedaap Instant?
ちょっぴり小ぶりのインスタントラーメンです。

インドネシアのインスタントラーメンをもらったよ!

これは、これは、ありがとうございます。
インドネシアの方々が帰国される前に食べて、食べた感想を伝えなければ!

と思い、いただいた日の翌朝に作って食べてみました。
じゃん!

インドネシアのインスタントラーメンを作って食べたよ!

お~!スパイシー!
香辛料がしっかり効いたスパイシーなラーメンでした。
やみつきになるかもね~。

これはぜひ、日本において僕のお薦めするインスタントラーメンを
インドネシアの方々に、お返ししなければ!

と、翌朝10時集合のところ、ギリギリ9時30分開店を待ってラパンへ買出し!
買いました。じゃん!

インドネシアへのお土産として買った「宮崎辛麺」「宮崎辛辛麺」

宮崎辛麺・そして宮崎辛辛麺
辛いだけではなく、とってもおいしい、僕のお薦めインスタントラーメン。

ところが!ところがである。
さて渡そうという段階になって裏面の原材料名の表示を見てみると

なんとなんと「原材料の一部に大豆、豚肉、牛肉、ゼラチン、さばを含む」
オーマイゴッド!豚肉が入ってるじゃん。だめだ。渡せない!

ということで、結局お返しのおみやげは渡すことが出来ませんでした。残念でした。
でもそんなの気にせずに渡せばよかったかなぁ?う~ん分からない。

------

例えばこのような出来事を書いてみましたが
他にも色々な出来事があった数日間でした。

色々な人の心に触れたり、喜び、楽しさ、嬉しさ、驚き、
ちょっぴり切ない気持ちになったりもしたり・・・。

20年続く庭火祭 国際音楽祭。
その歴史の一片に少しだけ触れることができました。

そうそう、色々な方から話を聞いたところによると、
一番最初は「プレ庭火祭」みたいなのがあったそうで(弟0回かな)

21年前から関わっているよ~という方々も何人もおられて、
歴史も感じました。だって21年前は、みなさん21歳若かったのですからね~。

------

さて余韻にひたりつつ、庭火祭関係につてネットでいろいろ検索をしていたら
今回のコーディネーターであり出演者でもある富岡さんのブログがありました。

2012年の庭火祭に向けての日々が一行日記風に書いてありましたので
リンクを張っておきたいと思います。

ジャワ舞踊の会・冨岡三智さんの 2012 庭火祭に関する一行日記
庭火祭のスリンピ公演記事、新聞に掲載

弟二十回 庭火祭 熊野大社かがり火コンサート

9月8日土曜日
庭火祭当日

朝10時ごろ会場に到着。
会場の設営や楽器の配置などを手伝う。

熊野大社の拝殿前に設置されたガムランセット
じゃん!

熊野大社の拝殿の前に並べられたガムランセット

神社とガムランの楽器マッチしている。
いい雰囲気が出ている~!

そして音響の調整、
リハーサルが始まる。

リハーサルの様子

近くで聴けて幸せ。こんな音がするんだね~。
そして「グンデル(写真の左手前の楽器)ってこんな弾き方をするんだ~」などと感心する。

これらの楽器は、いつも我々が八雲の山荘で使っている楽器です。
庭火祭のためにインドネシアから来られた方の一人に調律をしてもらい本番に臨んでいるわけです。

------

ところで私は庭火祭において
「進行係」なる役をおおせつかりました。

「進行係ってどんな仕事をするの?」
「そもそも今日の庭火祭ってどんな風に進行するの?」

何も分からないまま就任。果たして大丈夫なのか!?
インターカムなるハイテク装置を装着して、進行係の任務につく。

スタッフ用のインターカム

しかし進行係としての初任務は・・・
予定していた事のことごとくが失敗(泣!)

思い通りにはならないものですね。
予期せぬことが色々起きるし・・・。

でも私が失敗したぐらいで進行は止まらない。
みんなが自律的にちゃんと動くので、庭火祭は滞りなく進みました。

そして舞台は予定したよりもむしろよい方向に展開!
よかったよかった(笑)

詳しくは書きませんけど庭火祭の最中は
僕の中ではドキドキ・ハラハラでした。

舞台の裏方で一体どんなことが起きているのか!?
そういう経験も含めてとっても貴重な経験でした。

参加して本当に良かった。
よかったよかった。

------

本番は夜の7時から始まりました。
お祓い、八雲楽、巫女舞、庭火の笛演奏などの日本の伝統の演目に続き・・・。

かがり火が燃え盛る中ガムランの音色に合わせて
スリンピの踊り手さんが踊る。

その後はガムランのみの演奏、そして
神楽歌とガムランの共演などなど。

とても厳粛で幻想的な雰囲気。
とても素晴らしい舞台でした!

夜の演目中の写真撮影は禁止なので残念ながら写真はありません。
いずれ庭火祭のHPに掲載されるかもしれませんね。

庭火祭公式HP

小学校でガムラン演奏と踊り

9月7日金曜日。
明日の庭火祭に先立って・・・

インドネシアから来日された、国立芸術大学スラカルタ校ガムラン舞踊団のみなさまが
松江市内の小学校2校で演奏と舞踊をされるとのこと!

これは見に行くしかないでしょう!ということで
平日ですが休暇を取って楽器運搬のスタッフとして行きました。

そのときの様子がこちら
体育館でのガムラン演奏と、それを聴く小学生たち

ガムラン演奏@八雲小学校1

こちらは八雲小学校です。
今回で弟20回となる 国際民族音楽祭 in 八雲 庭火祭

八雲小学校のみなさんは、このようにして毎年、さまざまな国の音楽を聴く機会があるようです。
これはとても素晴らしいことだし、うらやましいことだと思います。

こういう機会を20年にわたって提供している大人の方々の努力に
敬意の念を感じつつ、演奏を聴かせていただきました。

そして次の写真が、スリンピの踊り
ガムランの演奏に合わせて女性が3人踊られました。

インドネシアの踊り@八雲小学校

ゆっくり優雅な踊りにうっとりです。

そして「みなさん、もっと近づいて見て触ってみましょう!」
と司会の方が言うと、どどど~っと子どもたちが楽器の周りに集まりました。

ガムランのセットにみんな興味津々

みんな、珍しい楽器に興味津々です。
そして異国の演奏家にも興味津々です。

最後は楽器と音楽家と小学生と先生と。
みんな集まって集合写真を撮りました。

出演者も小学生もガムランセットもみんなで集合写真

そしてこの後も、子どもと演奏家が握手をしたり、抱き合ったり、
一緒に記念撮影をしたり・・・。そんなすてきな演奏会でした。

------

それと、9月6日に書いた「インドネシアの方々八雲へ!」に
少し加筆し写真も掲載しましたので、また読んでみてくださいね。
05 | 2020/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


カテゴリ
プロフィール

Johnny

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内リンク
ブログ内検索
全ての記事

RSS
QRコード
QR
お問い合わせ・メッセージ
本ブログの著者にお問い合わせ、もしくは、メッセージなどがございましたら、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: